「RAV4」が名実ともにトヨタの顔に カーオブザイヤー受賞

日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は12月6日、2019年の「日本カー・オブ・ザ・イヤー」にトヨタ自動車のSUV(多目的スポーツ車)「RAV4」を選出した。トヨタ勢の受賞は09年の「プリウス」以来10年ぶり。一次選考で残った10車種による最終選考には「カローラ」の新型モデルも入っていたが、選ばれたのはSUV全盛時代の新たな「国際標準」とも言えるRAV4だった。  「MS(ミッドサイズ)カンパニーの2つの車が競い合うのは大変きついことだった」。RAV4のチーフエンジニアの佐伯禎一氏は6日、受賞を受けたスピーチで喜びを口にする前にまず、こう話した。2位のマツダ「マツダ3」、3位のBMW「3シリーズセダン」に続き、4位に入ったのが新型カローラだった。  同社の最新プラットフォーム「TNGA」を採用したカローラは、従来の「5ナンバー」から「3ナンバー」へと変更。スマホの地図や音楽アプリを車載機器のディスプレーで操作できる機能を標準装備する一方、セダン型が193万円からと価格を抑えた。9月の発売から販売現場での評価は高く、10月の車名別新車販売台数は前年同月比29.5%増の1万1190台。カローラとしては2008年11月以来11年ぶりに登録車販売ランキング1位に返り咲き、11月も首位をキープした(軽自動車は除く)。  言うまでもなく、カローラはトヨタの顔だ。1966年の発売以来、「大衆車」のあり方を定義し、74年には車名別の生産台数世界一に台頭。現在までに150以上の国・地域で500…

続きを読む

もっと見る

もっと見る