伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

テレビドラマや小説で人気の「半沢直樹」に登場する黒崎検査官のモデルともいわれる金融庁元検査官の目黒謙一氏が2日、亡くなった。72歳。往事の金融庁を代表する「伝説の検査官」だった。

 目黒氏は1966年に高卒で旧大蔵省に入省。「ノンキャリア組」エースとして一貫して金融機関の検査を担い、辣腕(らつわん)をふるった。

 2003~04年のUFJ銀行に対する検査では不良債権の引き当て不足などを指摘。後の三菱UFJフィナンシャル・グループへの再編につながった。その後は検査監理官として大手行全てを担当し後進を育成。07年に退官した。ある金融庁幹部は「不良債権処理に尽力した、すご腕の検査官だった」としのんだ。【古屋敷尚子】
screenshot_18.png

三菱UFJ 銀行

"伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: